Home Search Log Admin
Tipster Will

外れるかもしれませんよ?
何事にも絶対はありませんからね。まぁ、競馬を楽しみましょ♪


  3月4日
Date: 2006-03-03 (Fri)
チューリップ賞

皆がフロック視する中、個人的にはテイエムプリキュアが
抜けているとしか考えられない。。ただ、賞金的には十分
足りているので、ここは単なる叩き台と考えるか、
ここも本番と考えているのかのどちらかだろう。私は前者を取る。

そこで今回、是が非でもチャンスをものにし、優先出走権を
得たいと考えている馬を3頭ピックアップ。

◎プリンセスデザイア
○シェルズレイ
△スパニッシュソウル

◎…前走ダートからの芝替わりでさらなる一変があっても
おかしくない血統。しかも、なぜか印が薄い。。枠も申し分なく、
大駆けが期待できる。鞍上も追える川田。複勝圏内だろう。

○…鞍上に尽きる。なんとかしてくれるはず。馬も然程弱いとは
思えない。今の馬場ならクロフネとの相性抜群のはず。

△…前走の上がりは優秀。初距離が課題ではあるが、
マイルまでならこなせそうではある。こちらも若手の藤岡であるが、
乗れない騎手ではないので問題なし。


タッチザピーク…紅梅S勝ちがあるので無理して勝つ必要性なし。
どちらかというと試し乗りの意味合いが強いだろうが、
鞍上は重賞を手中に収めたいと考えているのも確かであろう。

テイエムプリキュア…フロック視・雨馬場得意といった固定概念が
定着しつつある現在。狙うなら、今回くらしか考えられない。
今回、敗退したら、桜花賞こそ狙えると思う私。今回は抑えで。

あと、気になるのはニシノフジムスメ。
プリムローズヒルは大外枠で消し決定。

  12月4日
Date: 2005-12-01 (Thu)
阪神JF

◎コイウタ
○アイスドール
▲テイエムプリキュア
☆アルーリングボイス
△アサヒライジング
△コスモミール

◎…普通に強いと思われる。良い脚も使える。後は枠順。
○…馬体重が増えていれば3着以内は確実。
▲…馬格が素晴らしい。根性が座ってる。距離延長も味方。
☆…スプリンター。自在の脚質は魅力。掲示板に入れる。
△…得意距離に戻ってどうか。楽にハナに立てるようなら有り。
△…輸送が不安要素。距離はマイルの方が合うはず。

関東馬中心ですが、関西馬はどうも人気になる要素を
含んでいる馬が多いので消してみました。今年も荒れる
可能性は十二分にあると考えています。勿論、人気決着も
あると思います。ただ、2番人気になるであろうフサイチ
パンドラは余裕で消せます。頭が高いし、集中力も欠いてる状態。
これでは、阪神マイルはこなせないと判断いたしました。


  3月13日
Date: 2005-03-04 (Fri)
◎エアメサイア
○ラインクラフト
▲ジェダイト
☆ディアデラノビア
△カシマフラワー

  2月27日
Date: 2005-02-26 (Sat)
中山11R 中山記念

◎@カンパニー
○Eメイショウカイドウ
▲Cエアシェイディ
☆Hエイシンチャンプ
△Fグレイトジャーニー
△Aアルビレオ

◎は前走、京阪杯が見事な末脚。休み明けでの今回、状態はかなり良い様子。親父も最近、見直されてきたミラクルアドマイヤ。距離適性は申し分なく、マイルから長距離をこなす万能性があると思われる。中でもこの馬、1800mの実績がとても良い。京阪杯で炸裂させた終いの脚が今回も出れば、連対間違いなし。

○は前走、小倉大賞典を見事制した。小倉が合ってるイメージもあるが今回と前回とでは、流れも似たような感じになることは予想できる。鞍上も今日・ビッグプラネットで重賞200勝を達成した武豊とあって、この中山も面白いのではないだろうか。力も衰えを見せるどころか上昇傾向と楽しみな1頭ある。

▲はここ最近の成長が著しい。4歳馬とあって斤量56kgはおいしい。中山の1800mもこの馬なら圏内。今まで地味な競馬が多い印象はあるが、妹のエアメサイアを見てもわかる様、超良血馬。昨年はあまり使ってなかった分、近走の走りも成長に繋がるはず。確実に勝ち切って、今年の末を見据える競馬をしてもらいたい。

☆は距離適性良。近走ではあまり良い成績は残してないが、実力では劣ってない気もする。鞍上にはフェブラリーSでシーキングザダイヤを2着まで追ってきたぺリエと体制は良い。抑え程度に置いておきたい。

△グレイトは、距離短縮が好材料となった前走。1ハロン伸びる今回もギリギリ圏内だと思われる。前残りという展開を考えるならば、この馬も抑え候補に浮上。流れに乗れれば、相手もそんなに強くない今回、化ける可能性有り。

△アルビレオは、直線の長い東京や京都よりは、阪神や中山の方が合う印象がある。やはり抑えに。


阪神11R 阪急杯

◎Oカルストンライトオ
○Iギャラントアロー
▲Dカリプソパンチ
☆Jゴールデンロゴリゴ
△Nアドマイヤマックス


  2月20日
Date: 2005-02-19 (Sat)
クイーンCはなんだかんだで300円使って、外しました。。が、京都記念は、予想通りといったところで、また勝たせて頂きました。シルクフェイマスも予想通り、飛びましたね。やはり、パンパンの良馬場でないと、伸びないのでしょう。さて、明日はついにやって参りました、「フェブラリーS」!!中央ダートG1の数少ない中の1つ(MAX2つ)。しかも、今年初のG1戦ということで気合が入ります。


東京11R フェブラリーS

◎Mメイショウボーラー
○Hユートピア
▲Dパーソナルラッシュ
☆Fシーキングザダイヤ
△Cカフェオリンポス
△Bアドマイヤドン

◎は前走根岸Sで7馬身差の圧勝劇を演じるなど、充実一途を辿っている。前走の様なハイ→スロー→ハイのペースが炸裂すれば、この馬に匹敵する馬はいない。

○は先行策を取ると思うが、◎と競い合って前に行くか、◎に前へ行かすかどちらかの策を取ることは間違いない。ただ、競い合っては両馬共に潰れてしまう可能性もある。両馬はスタート地点での芝への対応も良いため、先行を争うこと必死。○は今まで木曜追い切りを敢行していたが、今年から輸送を懸念して水曜追い切りに変更と期待も大きい。直線の終いで◎と一騎打ちとなるだろうか。

▲は本場アメリカのBCを経験してきた。あのメンバであの成績は地力が高い証拠。残念ながら、私はアメリカで彼の勇姿を見ることはできませんでしたが、3歳時にも強い内容のレースを残しているだけに、実力を全て出し切れば、上記2頭をも交わす存在に成りかねない。

☆は親父がアメリカのリーディングサイヤーのストームキャットとダート適性も申し分ない。追い切りも好調のようで鞍上にペリエを乗せての今回は楽しみ。前走、川崎記念は、タイムパラドックスにクビ差迫る勢いでの2着。距離短縮も好材料であるため、楽しみである。

△はやはり、同じく4歳勢であるカフェオリンポス。前走は距離が短かったために終い伸び切れず5着という結果。1F伸びる今回は前まで追いつける可能性も有り得る。前々走も1秒近くスタート出遅れということで度外視できる。ただ、今回は内枠であるため、前との兼ね合いの部分で多少、不利か。上手く抜け出すことができれば、3着以内は圏内。

△は古馬最強?と言われるドン。歳の影響で上積みはない。ズブさも出てきており、微妙な存在。なぜか前売りオッズで人気が出てるのは今までの実績を買われてのものだろうか。ただ、追い切りではステッキを入れるやいなや、鋭い反応を見せていた。本番で集中力を保ち、直線で瞬発力が生かせる格好になれば、前をとらえるかも。

  2月19日
Date: 2005-02-18 (Fri)
ダイヤモンドSは見事に外しちゃいました。斤量有利なハイフレンドトライを見ておきながら、ウイングランツは全然見てもいませんでした(汗)きさらぎ賞は、まぁ展開通りといった感じでおいしいところを頂きました(w さて、今週も目を離せない所。牝馬クラシック・古馬戦線を担う馬たちに注目しませう。


東京11R クイーンC

◎Mショウナンパントル
○Cライラプス
▲Lパーフェクトマッチ
☆Bプリンセスイブ

◎はこの中では力が上だろう。陣営もこの馬に対する期待はデカい。年が明けて初出走となるが、馬体の成長がどうかが鍵。○はクラシック争いに加わる上級戦の牡馬と走ってきた。牝馬が相手なら、ここは強い。▲は斤量が軽いのがプラス。鞍上にもペリエ(最近、乗れてないけど)と、3着には入ってきそう。馬場が少し不安だが、上記2頭となんら変わりない気もする。☆は、まだ1勝とキャリアの少ない馬だが、前走の勝ち方は目の見張るものがあった。キャリア少数での重賞挑戦で買おうとはいつも思わない私だが、今回ばかりは、この馬に賭けてみたいと思えたので、印を。あとは、ツルマルオトメ辺りが気になる。


京都11R 京都記念

◎Fナリタセンチュリー
○@シルクフェイマス
▲Hダイタクバートラム
△Aメガスターダム

◎は前走、直線で致命的不利を受けたので度外視できる。昨年、京都大賞典ではゼンノロブロイ(騎手が悪かったとは言え)を差しきっての勝利。しかも、コースも一緒で、利が大きい。馬場に対する不安も他の馬に重馬場巧者がいないため、ここは力が上。○は馬場に対する不安が大きい。昨年、天皇賞・秋も馬場にやられた勘がある(見てないけど(爆))ただ、先行力は上なため、前残りがあるなら、加えておきたい。まぁ、飛ぶ可能性の方が大きいでしょうが。▲は距離が少し短い印象がある。しかも、鞍上は最近冴えないアンカツと、しかし、前走有馬記念では前残りの展開でこの1頭だけ終いを伸びてきての4着。あの脚が出れば、ここも強い。あとは、力をつけてきたメガスターダム・重馬場なら何かありそうなアクティブバイオと攻めたいところ。

  2月13日
Date: 2005-02-12 (Sat)
 お久しぶりです。更新が滞ってました。最近、多忙を極めてまして・・・。さて、今週は東京でダイヤモンドS、京都できさらぎ賞と春の天皇賞とクラシックを占う大事な一戦。予想は下にまとめてみました。

東京11R ダイヤモンドS

◎Eチャクラ
○@グラスポジション
▲Bハイフレンドトライ
△Aハイアーゲーム

芝3400mと長いこのレース。スピードよりもスタミナが要求されるだけに今までの経歴が問われる。一昨年のステイヤーズSを勝っている◎は距離適性十分。前走万葉Sも2着と入ってるだけにこのメンバでは上。○は去年のステイヤーズSで2着。親父もリアルシャダイと、血統的に距離適性十分。前走AJCCは距離が短すぎた印象がある。▲は前走万葉Sで3着に入ってきた。この馬もリアルシャダイ産駒とだけあって距離適性はある。斤量も52kgと少ないのは魅力的だ。△は、去年使いすぎたため、全然走らなかった。休養明けの今レース、復活劇に期待したい。しかし、上記の馬のように長距離血統ではないため、いかなる結果を出すかは不明。ただ、右回りに強いため、もしかたら一発も有り得る。他は、ダンスインザダーク産駒・リアルシャダイ産駒を中心に考えたいところ。


京都11R きさらぎ賞

◎Gアドマイヤフジ
○Fコンゴウリキシオー
▲Bシックスセンス
☆Dマキハタサーメット
△Eレジェンダロッサ

春のクラシックを占う、重要な一戦。今日の武豊は6勝と好調。当日も豊人気は爆発するだろう。しかも、過去5年に渡って、武豊が乗った馬は100%連対と信頼性も高い。鞍上に名騎手を据えた◎は連対するだろう。○は前で競馬をすると思われる。好位抜け出しで一気に押し切る可能性がある。この馬がゴーサインを出した時のフォームは目を見張るものがあるだけに目が離せない。▲は近走、クラシックを狙う馬と競り合ってきた。前走・京成杯では不良に近い重馬場でありながら、中段から伸びてきたパワーとスピードは評価したい。☆も前残りの展開を考えるなら、3着以内までは残りそう。あとは後から突っ込んでくる◎と▲の脚がどこまで届くかが鍵だろう。△はキャリア一戦と戦歴が少ない。キャリア一戦から重賞に挑戦した馬はグランロワイヤルがいるが、この馬もキャリアの少なさから負けた勘がある。△の兄や姉がこの時期に好走しているとは言え、この馬が本物でない限り、ここは厳しい。

  1月22・23日
Date: 2005-01-19 (Wed)
 先週・日経新春杯は直線で致命的不利を受けてしまい、勝つことできず。京成杯もモエレアドミラル絡みの馬券を多く買っていたために、ちょっと手痛かったです。紅梅Sも見落としていたエリモファイナルに外から差されてしまい、残念な結果に。。ただ、オリエントチャームの競馬センスはやはり高いことを再認識致しました。
 さて、今週は、今年度クラシックを占う若駒Sと菜の花賞。そして、春の天皇賞、宝塚記念へ向けての第1歩となるAJCCとフェブラリーSを占う平安Sが待ち受けています。

1月22日

菜の花賞

◎ペニーホイッスル
○ナチュラルメイク
▲グランドエナジー
△ニシノナースコール

若駒S

◎ディープインパクト
○インプレッション
▲アドマイヤコング

1月23日

中山11R AJCC

◎クラフトワーク
○エアシェイディ
▲グラスポジション
△キーボランチ
△タイガーカフェ
△エルカミーノ

平安S

◎ジンクライシス
○ヒシアトラス
▲ピットファイター
☆ローエングリン
△クーリンガー

  1月16日
Date: 2005-01-15 (Sat)
ガーネットSはなんとJRA史上第2位となる高額配当205万が出てしまいましたが、当てることはできないので、悔しくはありません。しかし、昨日の白梅賞は頂きましたので、次につなげたいと思います。

京都10R 紅梅S

◎Jオリエントチャーム
○Aジェダイト
▲Eケイアイブーケ
△@デアリングハート

理由なし。◎はセンスあり、経験ないため微妙だが。。

京都11R 日経新春杯

◎Eナリタセンチュリー
○Aストラタジェム
▲Cサクラセンチュリー
☆@ダディーズドリーム
△Bエアセレソン

◎は昨年京都大賞典で昨年度年度代表場のゼンノロブロイを倒したらしい(見てない)同じ舞台では、1枚上。ここは勝って春の天皇賞に先立ちたい。相手には、昨年菊花賞5着に入った○。フロックで5着に入ってはないことを後のレースでも証明済み。ハンデが53kgも魅力。ただ、◎には1歩及ばないのではないだろうか。▲☆△は上記二頭に次ぐ1頭だと思われる。

◎を1着固定、○を2着固定、▲☆△を3着へ三連単で流してみてはいかがだろうか。

中山11R 京成杯

◎Hアドマイヤジャパン
○Fモエレアドミラル
▲Eニューヨークカフェ
☆Gニシノアレックス
△Jシックスセンス

当日、雨のため馬場は重から不良になると思われる今回。◎は前走ラジ短であのスローペースの中、中段から追い込んで3着。あの末脚は魅力。あとは馬場との絡みになるが、大丈夫ではないだろうか。相手には、北海道2歳優駿を勝った○。ダート向きだと思うが、この日が重から不良なら他の馬と比べてパワーがありそうなため、勝てそう。そういう意味でもダートに変更して未勝利戦を勝ち、北海道2歳優駿で2着に入った☆も興味あり。▲は前走通りの走りを見せれば、ここは上位。騎手が岡部と少し冴えないが、掲示板には載るだろう。△は末が切れるが馬場状態次第ではその力も劣るのでは。

上記5頭三連複BOXがいいのではないか。

  1月9日
Date: 2005-01-08 (Sat)
アメリカへ留学して参りました。先月末に帰って早速好きな競馬にラジ短を観戦しに行って参りました。続く、有馬記念でもシルクフェイマスにおいしいところをもらいました。そして、今日も万葉Sで勝たせてもらったので、続くここ、ガーネットSでもおいしい所を頂戴したいと思います。では、予想へ。。

中山 11R ガーネットS

◎Gサミーミラクル
○Oアグネスウィング
▲Jヒカリジルコニア
☆Mメイショウボーラー

◎は近走が素晴らしく良い。前走も今回と同じく中山ダ1200を重馬場ながら57kgの斤量を背負っての圧勝。メンバーが強くなると言っても、斤量は55kgに減るのでここは上位必死ではないだろうか。○も近走がなかなか良い感じ。前走JBCスプリントでは初のナイターに入れ込んだのか、それでも2着。実力では◎と同じく上を行っている。▲はどうも個人的に乗り気はしないが、抑えておきたい1頭。JBCスプリントは7着。しかし、スタート出遅れが響いたらしい。力量では、上記2頭と変わらない気もする。☆はダート初参戦。最近、良い走りを見せてないが、前走CBC賞ではスタート出遅れの中団追走も差してきての4着。逃げだけでなく、差しもできることがわかったのは大きい。福永Jが騎乗ということで、前に行くかと思うが、この馬の先行力は他馬と比べて強い。3着以内に残る可能性有り。

馬券は上記4頭を三連複BOXで各1000円の4000円。
(注:GJOの三連複の倍率が6.0以上の場合に限る)
GーM・Oの馬連を各1000円ずつでいかがでしょうか?


  6月27日
Date: 2004-06-20 (Sun)
阪神 11R 宝塚記念

◎ゼンノロブロイ
○シルクフェイマス
▲タップダンスシチー
☆ツルマルボーイ
△ザッツザプレンティ
△チャクラ
△リンカーン

◎は昨年の神戸新聞杯が忘れられない。よって、距離適正十分、このメンバーでは上位伯仲。ただ、気掛かりな点は鞍上。今回、田中勝春騎手が騎乗とのこと。同騎手はGT101連敗中。しかし、今回は馬が強いため本来の勝春の騎乗をすれば勝てると俺は見る。よって、GT初制覇&連敗記録脱出や。○は昨年8月から怒涛の5連勝を決め、臨んだ天皇賞・春では3着。鞍上は相性の良い四位騎手でもあり、良いレースを見せてくれるのではないかと思う。力も負けてないはず。父のマーベラスサンデーに次ぐ宝塚記念制覇を目指すべし。▲は宝塚記念と相性の良い金鯱賞でレコード勝ちと歳を感じさせぬ走りが健在。サイレンススズカも金鯱賞でレコード駆けし、宝塚記念を制しているので、この馬もジンクス通りなら勝てる。☆は鞍上が安藤騎手。同騎手はザッツザプレンティとのコンビを解消してまで、今回の宝塚記念に臨んで来るということは、この馬の地力がザッツより勝っているからではないだろうか。となれば、この馬も上位を争う1頭と成り得る。以下△は阪神芝2200mは短い気がする。3頭とも中距離から長距離がベストだろう。ただ、走れないことはないので、連対する可能性は高い。ザッツはデムーロとの新コンビで、リンカーンは武豊。チャクラは前走目黒記念でレコード駆けと能力は高い。あとは、展開の向き・不向きだろう。

  6月20日
Date: 2004-06-15 (Tue)
ファルコンS。ムーヴオブサンデーは事前に調子が悪いと聞いていたので切って正解でしたが、タイキバカラは何?キョウワハピネスも買おうと思ったけど、やっぱり切っちゃったし。さて、来週はプロキオンS。ちと多忙なので、早めの予想で行きましょう。

阪神 11R プロキオンS

◎Fツルマルファイター
○Lエイシンハンプトン
▲Mニホンピロサート
☆Eブルーコンコルド
△Cビワシンセイキ
△@ヒカリジルコニア

◎は阪神ダート1400mの相性抜群。血統的にもこのコースは合う。東京の高速馬場より力の要る阪神の馬場の方が合うはず。しかも明日は雨ときた。。となれば、この血統が活躍するはずだ。兄ツルマルボーイに続く重賞制覇じゃ。○はダイナフォーマー産駒。血統的にやはりダートは合うし、距離も十分。どの馬場でも適応能力が高いため、前走レコード勝ちした力を発揮することもできるだろう。▲は前走、檸Sで59kgの斤量を背負うもレコード駆けの2着に入った力は評価できる。ただ、○▲☆のレベルはさほど変わらないと言っていい。というのも、斤量差・展開によって、着差が上下する。以下△は、掲示板に載る可能性大。

馬券は、Fから馬連上記5頭流しで。各100円(w

  6月13日
Date: 2004-06-12 (Sat)
最近、没ってますね。。NHKマイルC以来、当たってない気がします(滝汗)まぁ、挫けずに頑張っていきたいと思います。さて、GTが立て続けに続きましたが、明日はGV開催です。予想に移りましょう。

東京 11R エプソムC

◎Gマイネルアムンゼン
○Nワールドスケール
▲Hハスラー
☆Qウインクリューガー

◎はこのメンバでは上位必死。雨でぬかるんだ馬場もこなせるパワーがいるが、この馬なら問題ない。ここは新潟大賞典に続き重賞二連勝じゃ。○は東京との相性が良いと思われる。鞍上もデムーロとなり、信頼度が高い。連対する可能性大。▲は人気はないが、最近力をつけてきた1頭。距離適正も十分だと思われるが、明日の馬場はSS産駒には少し厳しいか。☆は、このメンバでは上位。3着以内は十分有り得る。

馬券はG→N、Qの馬単で各500円で決まり♪


中京 11R ファルコンS

◎Cタイキバカラ
○Iシルヴァーゼット
▲Kヤマニンアルシオン
△Hナムラビッグタイム
△Gフェミニンガール

◎はスプリントに関しちゃ適正抜群だと思われる。調教もまずまずの内容。ここに来て良い走りを見せている。昨年もギャラントアローが58kg背負って逃げ切っているので、今年もこの馬の素質で勝つだろう。○は前走・橘Sを1.08.0のタイムで快勝し、余力を残しての今回、タイキバカラと比べるとセンスで劣るので対抗馬止まり。▲もスプリントとなると地力を発揮できるはず。というより、距離適正がスプリントonlyだと思う。今回、実績のある馬が多数いるが、この馬自身も実績はある。2歳時よりも成長している姿を今回見せ付けてくれるだろう。以下△は、スプリントで力を見せてくれるであろう2頭。掲示板に入る可能性も大。

馬券は上記5頭を三連複BOX、C−Kのワイドに500円で。
C→G、H、I、Kの馬単に各200円でどうでしょう。

  6月6日
Date: 2004-06-05 (Sat)
ダービーも結局外しちゃいましたね。コスモバルクの敗因はたぶん「暑さ」でしょうね。距離も微妙に適していなかったのかもしれないが、やはり、暑さの問題だった可能性が強い。しかし、キングカメハメハは強いね。今年の年度代表馬になりそうな勢いの強さでした。

さて、明日は安田記念。府中マイル王決定戦。仮柵を外しグリーンベルトが出現。というわけで、内枠の馬が有利だと思われるが、どうなるでしょう。

東京 11R 安田記念

◎Iメイショウボーラー
○Fローエングリン
▲@ファインモーション
☆Eアイランドファッション
△Oバランスオブゲーム

◎はNHKマイルCでキングカメハメハとの差があれだけあったことを考えれば、力関係は微妙だが斤量差4kgでその差は埋まると考える。あと、ここ最近、使い詰めてる分、疲れもあるかと思われるがそれでもボーラーのスピードで府中のマイルも賭け抜けれると思い、他に思い当たる馬もいなかったということで本命。○は国内マイル戦は、連対率80%と相性抜群。内2頭が差し脚を使うとすれば、ローエングリンがグリーンベルトを走ることも有り得る。鞍上も相性の良い横山典。過去5年間、1・2番人気の馬が連対していないというデータも少し気になるが、どうだろうか。▲は鞍上は武豊。思い出すのは1番人気で走った有馬記念。あの乗り方は結局、馬にとって良くはなかったが、ここの安田記念では使えるかもしれない。まぁ、折り合いさえ欠かなければ、連対はしてくると思われる。☆は未知数の外国馬。アメリカの馬というだけあって、芝は初めての様子。ただ、それだけ馬力のいるダートで走ってたということは、もし明日に雨が降っても、それだけの脚は使ってくる気配がある。ちょっと恐い存在として一目置いている。△は、距離が微妙&G1での実績が悪い。ただ、東京のマイルは、他の競馬場よりスタミナを要す。今まで2000Mを経験している馬などは、ここでも地力を発揮するかもしれない。馬場は先行有利でもあるし、もしかしたら来るかもしれないということで、三連複では抑えておきたい一頭。

馬券は、Iを軸に馬連で残り4頭を流しで。各1000円ずつで、どうでしょう(w

  5月30日
Date: 2004-05-29 (Sat)
オークスは、投稿する暇がなかったので
適当にしか書けませんでしたが、結局は外れちゃいましたね。
さて、今週は東京優駿(日本ダービー)ですが、いったいどんな名勝負が生まれるのか楽しみですね。このレースは毎年、馬券よりも馬同士の勝負に注目してましたが、今回は馬券も含めて予想したいと思います。

東京 10R 東京優駿

◎Hコスモバルク
○Kキングカメハメハ
▲Pハイアーゲーム
☆@マイネルマクロス
△Cダイワメジャー
△Iフォーカルポイント
△Dハーツクライ
△Nコスモサンビーム

◎は皐月賞で大外枠から最速の上がり3F33.8秒は圧巻に値する。距離も2F伸びることで、その末脚も十分生きるはず。しかも、コースは直線の長い府中。しかもタフさはどの馬よりも凌ぐ。ここは地方馬初のダービー制覇も夢じゃない。○はNHKマイルC、小雨の降りしきる中、3F34.7秒。勝ち時計は、1.32.5と恐ろしい末脚の持ち主で度肝を抜く素質場。ただ、ローテが中2週と疲れがあることを考えて対抗馬止まり。▲は青葉賞を他馬を寄せ付けず快勝。やはりここでもその強さを遺憾なく発揮する可能性は十分にあり。☆は悪夢の@枠@番。今回こそスタートを上手く決め、勝ちたい所。流石に勝つまでは行かなくとも、3着内は有り得る。以下△は3着内or掲示板に載る可能性あり。特にIフォーカルポイントは一番オッズが低いと思われる。直線の長い府中で大駆けする可能性も否定できない。Nコスモサンビームは、バルクと同じザグレブ産駒。NHKマイルCを見た限りではマイル向きだと思うが、2400mも走れそうな気がする。

馬券はやはり、H番コスモバルクを軸に上記の馬を馬連で流し。
個人的には@・D・I−Hのワイドに各1000円といったところ。

  5月23日
Date: 2004-05-22 (Sat)
NHKマイルCはキングカメハメハの圧勝でしたね。。
馬券の方も勝たせてもらいました。この勢いのオークスにも持っていきますか。

東京 11R オークス

◎ダンスインザムード
○グローリアスデイズ
▲ヤマニンアラバスタ
☆ヤマニンシュクル
△アズマサンダース

  5月8日&9日
Date: 2004-05-08 (Sat)
天皇賞・春は、余裕で負けちゃいましたが、あれは買えません。。馬場状態がやばかった。QW中に1日だけ雨が降ったけど、それだけじゃ、あの馬場は変わらないと思われる。さて、今日のプリンシパルSと京都新聞杯、明日のNHKマイルCの予想をしたいと思う。

5月8日
東京 11R プリンシパルS

◎Cグレイトジャーニー
○Kマイネルべナード
▲Iピサノクウカイ
△Jストラタジェム

◎はこのメンバーでは能力が上。距離がどうも合わない気がしてきたが、勝てないところではない。騎乗の小牧も前走乗って、馬の追い方もわかってると思う。ここは勝ってダービーに夢つなげて欲しい。○は距離適正抜群。長く使える末脚は東京に合う勘がある。最近、好走が続いてるため、良い位置につけるかも。▲は関東馬ということもプラス材料。東京コースの経験を生かして欲しい。△は、良血統。困った時はSS産駒なわけだが、○以外は全頭SS産駒。しかし、△は母父がサドラーズウェルズということもあって、今後に期待。


京都 11R 京都新聞杯

◎Jハーツクライ
○Cマイネルマグナート
▲Hミスティックエイジ
☆Bヒシルーシッド
△Dスズカマンボ

◎は追い込み馬だろうが、先週の京都のことを考えて、アンカツが前で競馬をするのでは、と思う。脚質に幅がないとは言えないと思う大駆けに注目したい。○は、やはり京都の馬場状態が良いと思われるので。馬番も4番と逃げるには絶好枠。▲以下は掲示板に載る可能性大。今回の京都新聞杯は先週の京都を参考にし、逃げ・先行馬で決着すると思う。


5月9日
東京 11R NHKマイルC

◎Lキングカメハメハ
○Eメイショウボーラー
▲Dシーキングザダイヤ
☆Cナイストップボーイ
△@コスモサンビーム
△Hタイキバカラ
△Mハートランドカフェ
△Gダイワバンディット

ここは◎しかいない。力・素質共に上回ってる。距離短縮は歓迎だし、ここに目標を置いてローテを組んできた分、有利。○はここに来て調子が良好。皐月賞から中2週とローテ的にきついが、調教内容十分。勝てる見込みはあるが、対抗馬どまり。▲は母がこのレースを制しているが、母ほど強い印象はまだない。母との同一G1制覇を目指し陣営も動いてる。カメハメハと同じでここを目標にしてきてるだけあって、調子良好。☆は穴狙い。以下△は不気味な存在。掲示板に載るか、3着内に入るかといったところだと思う。ただ、コスモサンビームはまだ未知数のザグレブ産駒。京王杯2歳Sではレコード駆けしてるし、東京となっては侮れない一頭ではある。

C−L、E−Lのワイドに500円ずつ賭けたいところ。
三連複は、Lを軸に。。

  5月2日
Date: 2004-05-02 (Sun)
京都11R 天皇賞・春
◎リンカーン
○ザッツザプレンティ
▲ネオユニバース
△カンファーベスト
△シルクフェイマス
◎はスタミナ充分。折り合いも問題なし。豊騎乗時の連対率100%というのも相性抜群。○は前走負けたのは片量2kgの差。今レースは同条件。菊花賞馬が盾を勝つ方程式は去年もあった。今年も有り得る。しかし実力から言うとリンカーンの方が上。よって対抗まで▲は調教内容充実。相性抜群のデムーロ騎乗もプラス材料。上二角を叩けるのはネオ以外にいない。距離不安の声もあるが、底力が他馬と比べ、ずば抜けてる。問題ない。

  4月18日
Date: 2004-04-18 (Sun)
中山 11R 皐月賞

◎Qコスモバルク
○Gメイショウボーラー
▲Hミスティックエイジ
☆Fブラックタイド
△Dフォーカルポイント
△Kマイネルブルック

◎は輸送の問題皆無。先週のダンスインザムードみたいに、
「強かった」と思わせる競馬をしてもらいたい。不安要素は
五十嵐騎手。プレッシャーを感じるな。
○はスピードが物凄い。先行策にでるだろう、マイネルマクロスとの勝負にも期待。
▲、実力は健在。前走は参考にしなくて良い。
☆、連に絡む可能性あり。

  4月11日
Date: 2004-04-10 (Sat)
阪神 11R 桜花賞

当日の馬体重も加味するが・・・現時点ではわからないので、今現在で考えられることを述べよう。

当日一番人気となりそうなのはCスイープトウショウ。前走のチューリップ賞、1番人気1着で勝ったものの、馬体重が14kgも減っていた。その減量が本日に響いていては調子は良くないと思える。枠はあまり気にならないが、あの末脚に軸を託すのは気が引ける。

そしてそのスイープトウショウと人気を分けるであろう二頭がHダンスインザムードとPムーヴオブサンデーである。

初めはダンスインザムードを軸にしようとしていた。というのも兄にダンスインザダーク、姉にダンスパートナーを持つ超良血統。(もう二頭の兄貴だちは弱い)ただ、関東馬ということもあり、輸送が大きく響くのではないだろうか。鞍乗の武豊も桜花賞とはなかなか縁がない。98年のファレノプシスくらいではないだろうか。というわけで今回は本命にはしたくないところ。

残りのムーヴオブサンデーだが、マイル挑戦は初めて。前走のフィリーズレビューは早めに抜け出して、後ろから追ってくるマルターズヒートを抑えての1着。もう1F伸びたらどうなるかは微妙なところ。

のように、今回、人気を分け合うであろう三強の欠点を見つけてみた。では、本題に入ろう。

◎Eヤマニンシュクル
○Oヤマニンアルシオン
▲Dマルターズヒート
☆Hダンスインザムード
△Qダイワエルシエーロ
△Kロイヤルセランガー
△Bギミーシェルター

◎前走、チューリップ賞は休み明けでの1戦。1戦使ったことで調子は向上しているとみる。○は穴狙いも兼ねている。この馬は休み明けということで当日の馬体重にも寄る。減ってる場合は没。増えてる場合は、1桁内なら成長分として問題なし。2桁の場合は当日の馬体を見て考えるべし。▲は前走、1番人気に推されるも2着。今回こそはという気持ちが強いはず。☆は当日の馬体重が±4なら問題ない。輸送の疲れはパドックで確認。

ダイワエルシエーロも休み明け・・・馬体重が気になる。残り△二頭は、三連複における穴。

馬連
D−E、E−H、E−O、E−Q
三連複
DEO、DEK、EKO、DOQ、DKQ、EHQ、BEO、DEH、EHK、DHK、EHO、DHO

今回は真面目に考えてみました。これで当たらなくても僕のせいにしないで下さい(w


- SunBoard -